お知らせメイクセラピー

メイクセラピーボランティア

半年ぶりの投稿です。
公私にわたり山あり谷ありの日々を過ごしていましたが、
また少しずつ発信し始めようと思います。
 
私にできることで、社会に微力ですが貢献できたと感じたお話から。
 
メイクで外見が変わると
心にも変化が起こり
前向きに生きていく勇気が湧いてきます
 
岩井式メイクセラピーにはそんな素敵なチカラがあります。
このメソッドに出会って、私自身が変われたように
もっとたくさんの人のお役に立てて欲しい。
 
そんな思いを届けられる場があれば、どこにでも馳せ参じる気持ちでいます。
 
先日は、メイクセラピスト仲間で
茂原市のサロンで活動を展開されている行木佐依子さんのお声掛けで、
千葉のファミリーホームの皆さまからご依頼のボランティアに行ってまいりました。
 
ファミリーホームとは、
家庭環境で暮らせない子供たちを、養育者の家庭に
迎え入れて養育する「家庭養護」です。
5~6人の子供を預かり、基本的な生活習慣を身につけ、
豊かな人間性と社会性を養います。
 
今回お会いしたのは、そこで育った女の子たち。
やがて社会人として一人で自立するときを迎えます。
 
私たちを通じてメイクセラピーを体験することで、
少しでも自分のことを好きになれたり
自分に対する自信を少しでも持てるきっかけになれればと
願ってやみません。
 
「メイクでどんな”なりたい自分”をめざそうか?」
 
私が担当したEさんは、
今まで考えたこともない問いかけに
最初はなかなか言葉が出てきませんでしたが、
徐々に緊張がほぐれて、大好きなアイドルの話や
100均のメイク道具の話、勤め先のお仕事の話、、、
 
来年に控えた成人式の着物の写真も見せてくれて、
未来は希望でいっぱいなんですよね。
 
 
楽しい時間はあっという間に過ぎ、
最後にはにっこりピースサインで写真撮影に応じてくれました。
 
私自身も彼女からたくさんの気付きをいただきました。
 
メイクを今まであまりしてこなかった理由に
「面倒くさいから」と言っていたEさん。
 
人は時に、思いとはうらはらなことを言ってしまうもの。
その思いに気付かずにさえいることがあります。
 
なぜ面倒くさいと言ってしまったのか、
メイクをしながら一緒に考えてみました。
 
そのお話はまた次回にでも。
 
最後までお読みくださりありがとうございました。